チュニジア40年ぶり勝利へ DFナゲズ「負の歴史に終止符打つ」

[ 2018年6月28日 05:30 ]

W杯1次リーグG組   チュニジア―パナマ ( 2018年6月28日    サランスク )

 チュニジアは連敗で1次リーグ敗退が決定。第3戦パナマ戦には今大会初勝ち点と78年アルゼンチン大会以来40年ぶりの勝利を懸けて挑む。

 DFナゲズは「最後の試合だけに集中している。勝って負の歴史に終止符を打ちたい」と意気込みを語った。マールル監督が第1戦イングランド戦後に「タフに戦いきった」と話したように、ハードワークで白星をつかむ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月28日のニュース