ナイジェリア“天敵”に阻まれ…主将ミケルは判定に不満

[ 2018年6月28日 05:30 ]

W杯1次リーグD組   ナイジェリア1―2アルゼンチン ( 2018年6月26日    サンクトペテルブルク )

1次リーグ敗退が決まり落胆するナイジェリア代表(AP)
Photo By AP

 ナイジェリアは引き分けでも2大会連続の決勝トーナメント進出だったが“天敵”に阻まれた。これでアルゼンチンにはW杯で5戦全敗。ロア監督は「本当に残念。少し運もなかった」と唇をかんだ。

 1―1の後半30分、ゴール前で相手DFの腕にボールが当たったが、VARによる検証もPKは与えられず、その11分後に痛恨の失点。主将のミケルは「ビデオでボールが手に当たったのを確認したが、審判はハンドと判定しなかった」と不満を漏らした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月28日のニュース