「闘争心なく当然の報い」 ドイツ敗退に怒りと落胆、首相も「ただただ悲しい」

[ 2018年6月28日 09:00 ]

韓国に敗れて1次リーグ敗退が決まり、肩を落とすGKノイアー(手前右端)らドイツイレブン
Photo By 共同

 「闘争心がなかった。当然の報いだ」。サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、前回王者のドイツ代表が韓国代表に屈して敗退が決まったことを受け、ドイツの首都ベルリンでは27日、飲食店などで試合を見守った市民から落胆と怒りの声が上がった。

 警官のトビアス・クラーマーさん(37)は「選手のプレーからは自信が感じられなかった。優勝してタイトルを取ろうという欲も見られなかった」とがっかりした様子。教師のクリスティアーネ・ファウストさん(44)は「チームがまとまっていなかった。そこがドイツ代表の強みだったのに」と悔しがった。

 「敗退がいまだに信じられない」と公務員のラインハルト・ブスマンさん(61)は放心状態。イタリアやスペインの代表も、優勝した次のW杯で早期に敗退しているとして「仲間がいることが救いだ」と話した。

 ドイツのメルケル首相は、ベルリンのイベントで敗退の知らせを受けた。DPA通信によると視察したヒューマノイド(人間型)ロボットが、ドイツ代表の過去の栄光を挙げて慰めの言葉をかけると、メルケル氏は「あなたの言う通りだが、正直に言って今日はただただ悲しい」と心境を吐露した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月28日のニュース