コロンビアに暗雲 司令塔ハメスにアクシデント 前半で負傷交代

[ 2018年6月28日 23:42 ]

W杯1次リーグH組   コロンビア―セネガル ( 2018年6月28日    サマラ )

前半31分にピッチを後にするハメス・ロドリゲス(左)(AP)
Photo By AP

 逆転での1次リーグ突破を狙うコロンビアにアクシデントが発生した。

 前半30分、突然ピッチの上に座り込んだ司令塔のMFハメス・ロドリゲス。どこかを負傷したと見られ、そのままプレー続行不可能となり、同31分にFWムリエルと交代となった。

 24日のポーランド戦で2アシストの活躍を見せ、復活を印象付けていたコロンビアの至宝。逆転での16強進出を狙うチームに暗雲が立ちこめた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月28日のニュース