アルゼンチン、ロホが千金弾 ハンド“見逃し”命拾い直後

[ 2018年6月28日 05:30 ]

W杯1次リーグD組   アルゼンチン2―1ナイジェリア ( 2018年6月26日    サンクトペテルブルク )

決勝ゴールを決めたロホ(右)(AP)
Photo By AP

 後半41分に値千金の勝ち越し点を挙げたのはセンターバックのロホ。ペナルティーエリアへ走り込み、DFメルカドの右クロスを右ボレーで叩き込んだ。

 後半30分には自軍ゴール前でヘディングした際にボールが左腕に接触。ナイジェリアにPKが与えられるピンチだったが、VARで「ハンドなし」と判定され、命拾いした直後の決勝弾だった。「クロアチアに負けてから団結を図った。ゴールは家族とチームメートにささげる」と笑顔で話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月28日のニュース