オーストラリア2大会連続未勝利 ケーヒルは4大会連続出場

[ 2018年6月28日 05:30 ]

W杯1次リーグC組   オーストラリア0―2ペルー ( 2018年6月26日    ソチ )

オーストラリアのケーヒル(AP)
Photo By AP

 オーストラリアは突破には勝利が必須だったが、完敗で3大会連続の1次リーグ敗退が決まった。3試合を通じて得点はPKによる2点だけに終わり、2大会連続で未勝利。ファンマルウェイク監督は「今の技術レベルで勝つのは難しいと感じた」と話した。

 後半8分には38歳のFWケーヒルがピッチに立ち、W杯4大会連続出場を果たすも不発。流れを変えることはできなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月28日のニュース