日本の決勝T進出条件は…引き分け以上なら自力で 反則ポイントも重要に 

[ 2018年6月28日 20:00 ]

W杯ロシア大会1次リーグH組   日本―ポーランド ( 2018年6月28日    ボルゴグラード )

日本の決勝トーナメント進出の行方
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表は28日午後5時(日本時間午後11時)、ボルゴグラードで決勝トーナメント進出を懸けてポーランドと対戦する。FIFAランキングは日本の61位に対しポーランドは8位で、過去の対戦では日本の2戦2勝。

 日本は2戦を終えて勝ち点4でH組首位。2連敗で敗退が決まっているポーランドに勝つか引き分ければ、2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出が決まる。H組のもう1試合、勝ち点4で2位のセネガルと、勝ち点3で3位のコロンビアとの対戦も、同時刻に開催される。

 日本は、ポーランドに勝つか引き分けると2位以内での決勝トーナメント進出が決まる。

 敗れた場合でも、セネガルが勝てば日本は2位で突破。引き分けならば日本は勝ち点4で並ぶコロンビアを得失点差で下回り、3位で敗退する。コロンビアが勝った場合には、コロンビアが1位で日本はセネガルと同4で並ぶ。その場合は(1)得失点差(2)総得点(3)直接対決の結果(4)反則ポイントの低い方(第2戦終了時、日本=警告3、セネガル=警告5、(反則ポイントはイエロー1、イエロー2枚退場3、一発レッド4、イエロー+一発レッド5)、反則ポイントも同じなら抽選で決勝T進出チームが決定する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月28日のニュース