岡崎1465日ぶりW杯先発へ 得点に意欲「自分たちが決めないと」

[ 2018年6月28日 05:30 ]

W杯1次リーグH組   日本―ポーランド ( 2018年6月28日    ボルゴグラード )

笑顔で練習する岡崎(左)と酒井高(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 FW岡崎が得点を決めた前回ブラジル大会のコロンビア戦以来、1465日ぶりにW杯で先発する可能性が高まった。

 ポーランドのマウォビエスキ分析コーチからも本田、香川とともに欧州での豊富な経験値を名指しで警戒された32歳。「自分たちが決めないと相手は本来の力を出してくる」と敵の底力を警戒し「3戦目は凄く重要。チームの総合力が大事になってくる」と決勝トーナメント進出決定へ意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月28日のニュース