×

福士加代子氏 自伝本出版記念イベント7・10開催、「裸になる生き方」伝授します

[ 2022年5月28日 05:00 ]

自伝「福士加代子」をPRする元陸上女子選手の福士加代子さん
Photo By 提供写真

 1万メートル、マラソンで活躍した陸上元選手の福士加代子氏(40)が自伝「福士加代子」を2月に出版。7月10日に出版記念イベント「福士加代子のランニング革命だべ! 私が見つけた『人生の走り方』」を開催することを発表した。

 福士氏は04年アテネから北京、ロンドン、リオデジャネイロと4大会連続で五輪に出場。数々の記録をマークし、06年の世界陸上モスクワ大会のマラソンで銅メダルを獲得した。ユニークな言動でも人気者に。初マラソンとなった「大阪国際女子マラソン」(08年)ではゴール前で3度転倒するなど、常に注目を浴びてきた。今年1月末に現役を引退。現在はワコール陸上部のアドバイザーとして後進の指導にあたっている。

 イベント前半はトークショー。「私が見つけた“裸になる”生き方」をテーマに、自分をさらけ出して自然体で生きる秘訣(ひけつ)を披露。また、後半はランニングの実演、参加者への「ラクな走り方」のアドバイスも。

 福士は「ワクワク感でいっぱいです。逆に、どんな感じになるのか分からない緊張感と怖さもありますけど。集まってもらえたらラッキー。ラクに走ることを常に追求しているので、皆さんからの質問を聞きながら解決していくことで、新しい発見もあって『私も何か得られるのでは?』と楽しみにしています」と語った。
 会場はカンテレ・なんでもアリーナ(大阪市北区)で、開演は11時から、16時からの2回。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月28日のニュース