×

カンヌ映画祭 ソン・ガンホが男優賞に 是枝裕和監督「ベイビー・ブローカー」に主演「是枝監督に感謝」

[ 2022年5月29日 04:15 ]

カンヌ映画祭で男優賞を受賞したソン・ガンホ(AP)

 仏の「第75回カンヌ映画祭」のクロージングセレモニーが28日(日本時間29日)、メイン劇場のリュミエールで行われ、是枝裕和監督(59)の韓国映画「ベイビー・ブローカー」(6月24日公開)に主演したソン・ガンホ(55)が男優賞に選ばれた。是枝監督作品では04年の「誰も知らない」で柳楽優弥が男優賞を受賞している。

 受賞したソンはあいさつで「是枝監督に感謝します。全ての韓国映画を愛する人へありがとう」と述べた。

 同作は、是枝監督が16年に主演のソンやカン・ドンウォン(41)らと出会い、「いつか一緒に映画を作ろう」と意気投合したことからスタートした企画。育てることができない子供を親が匿名で置いていく「赤ちゃんポスト」から、赤ちゃんを連れ去った2人の男と実の母親が養父母を探す旅を描く。

 ソンは19年のカンヌで最高賞の「パルムドール」に受賞した韓国の人気俳優。日本でも大ヒットした映画「シュリ」(99年)、「パラサイト 半地下の家族」(19年)などの作品でも知られる。

 26日に行われた公式上映では、12分に及ぶスタンディングオベーションが起こる絶賛で迎えられた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月28日のニュース