×

れいわ山本太郎代表、橋下徹氏と激しいバトル!「詐欺師的主張」にムッ「まったく当たらないと思います」

[ 2021年10月31日 23:33 ]

 れいわ新選組の山本太郎代表(46)が、第49回衆院選の投開票が行われた31日、フジテレビ系の選挙特番「Live選挙サンデー」(後7・58)に中継で出演。番組にコメンテーターとして出演した、元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)と激しくやり合う場面があった。

 番組MCのフリーアナウンサー・宮根誠司(58)から選挙の手応えについて聞かれ、「手応えはあるんですけど、それが議席に結びつくかは難しいところがあるのが選挙だなと思います」と答えた山本代表。ここで宮根が「山本代表は発信力はピカイチだと思う。若さもあるし。政策はどうですか?」と振ると、橋下氏は「山本さんの発信力は認めますけれども、山本さんの詐欺師的な主張に有権者の多くがだまされなくて本当に良かった。日本国民は賢明だなと思いました」と“先制パンチ”を浴びせた。

 これに苦笑いの山本代表。しかし橋下氏がさらに自身の主張を述べると、山本代表から笑みが消えていく。橋下氏は山本代表が掲げた「消費税廃止」を挙げ、「1986年から今に至るまで所得税の改革は年収300万、400万の方々の税率を下げる改革をやってきた。山本さんが消費税をゼロにしてその時に言わなきゃいけないのは、年収300万、400万の方々は大増税になりますよっていうことをはっきり言わなきゃいけないのに、高所得者の税率だけを上げろなんて言って、低所得者、中所得者、日本のボリュームゾーンの方々の税金が上がると言わずに消費税ゼロだ、ゼロだって、これは詐欺師的主張ですよ」と追及した。

 山本代表は「まったく当たらないと思います」と自身の主張を述べようとするも、「所得税上げるんでしょ?中所得者の税金が上がるかどうかだけ言ってくださいよ」と遮る橋下氏。山本代表は「社会にお金が回っていない状態で所得税を上げるなんてできるわけないじゃないですか。まずは底上げをしていきながら、みんなの年収を上げていく。年収300万円未満の状態をなくしていくという当たり前の経済成長をしてからの話ですよね、それは」と冷静に反論した。

 23年に始まるインボイス制度についても、導入取りやめを主張する山本代表に対し「多くのサラリーマンの納税者をバカにしている」と橋下氏。山本代表は「間違った誘導はやめていただきたいんですよ、橋下さん」とやり返し、両者は「もうちょっと消費税のことを勉強してから言ってくださいよ」「橋下さんこそインボイスのことを勉強してくださいよ。何を言われているんですか」と激しくやり合った。

 2人の議論はヒートアップしたが、社会学者の古市憲寿氏(36)が山本代表に新型コロナウイルスワクチンの接種を質問し、山本代表が「私自身は打っていないです。打つ人、打たない人の権限はそれぞれに委ねられるべきです。一番やらなければいけないのは何かというと、ワクチンによる影響を厚生労働省がしっかりと表に出さなければいけません。守られなければならない、打つ人も打たない人も」と回答したところで時間切れ。MCの加藤綾子(36)が「お時間が来てしまいました。ここまでお話うかがいました。ありがとうございました」と締めて“強制終了”となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年10月31日のニュース