河北麻友子「隠してた」尾上右近との“黒歴史” 「あいつ!しゃべるんじゃないよ」

[ 2021年9月20日 12:24 ]

モデルでタレントの河北麻友子
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの河北麻友子(29)が19日放送のフジテレビ「なりゆき街道旅」(日曜正午)にゲスト出演。歌舞伎俳優・尾上右近(29)から告白されたことを振り返り、当時を「黒歴史」と表現した。

 堀越高校時代の同級生だった2人。河北によると、当時、尾上は河北に一方的に好意を寄せていたという。「それをめちゃくちゃしゃべるんですよ、いろんなところで。この番組でもしゃべってたんですか?何なんだ、あいつ!しゃべるんじゃないよ、まじで」とクレームを入れて笑わせ「この人と一生一緒にいるんだろうっていうぐらいめちゃくちゃ仲良くて。それで、卒業して急に『好き』みたいに言われて。まさかそんなことだと思ってないから、それで一生会わなくなりました」とジョークで盛り上げた。

 「黒歴史で誰にも言っていなかった。隠してたのに、あいつがいろんなところでしゃべって。持ちネタなんですよ彼の」と河北。「でも番組で久しぶりに会って和解しました。舞台も観に行って」と明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月20日のニュース