東国原英夫 自民党総裁選に「高市さんがこの1週間ですごく伸びてきた…びっくり」

[ 2021年9月20日 17:25 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元宮崎県知事で衆院議員も務めたタレントの東国原英夫(64)が20日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)に出演。自民党総裁選についてコメントした。

 番組では、自民党・次期総裁選に伴い「新総裁にふさわしい人は?」という党員・党友が回答した世論調査について取り上げた。河野太郎行政改革担当相が新総裁にふさわしいと答えた人は48.6%、岸田文雄前政調会長は18.5%、高市早苗前総務相は15.7%、野田聖子幹事長代行は3.3%で、まだ決めていない・わからないと答えたのは13.9%だった。また、全国世論調査では、河野氏が43%、高市氏が15%、岸田氏が13%、野田氏が6%、この中にはいないと答えたのが15%、関心がな人はは8%だった。

 MCでフリーアナウンサーの石井亮次(44)から「やはり河野さんかなりいわゆる党員・党友に関しては50%前後取りそうだなということが分かるんですけど、まだこれだとちょっと届かないみたいなところはあるんでしょうか」と問われた東国原は、「それプラス国会議員票がありますからね。国会議員票はもうデータ出てきてますけども、今日時点での世論調査ですね。それをプラスしても河野さんは過半数行かないっていうですね…ただこれね世論調査でびっくりしたのが、高市さんがこの1週間ですごく伸びてきたなと思うんですね。びっくりしました」とコメント。

 さらに、「やっぱ(高市前総務相を)応援されてる方が安倍前首相ですね。そして岩盤支持層ですね…この数日間でね、ここまで伸ばしてくるってのはびっくりしましたね。僕今回、安倍前首相がどれくらいの力を誇示できるか、示せるかっていうことが非常に重要だと思ってて、これ高市さんが最終的に例えば3分の1くらいの党員・党友だとか国会議員票合わせて、3分の1くらい取ったらすごいことになるなと…まぁ4分の1くらいだとは思いますけどね。3分の1くらい取ったらすごいことになるなって感じはしますね」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月20日のニュース