パラ開会式 13歳の和合由依さん「今の自分を見てほしい」 「片翼の小さな飛行機」物語の主人公務める

[ 2021年8月24日 22:09 ]

東京パラリンピックの開会式で演じる和合由依さん(右から3人目)=24日夜、国立競技場
Photo By 共同

 東京パラリンピックの開会式に登場した13歳の女の子が、見た人全ての胸を打った。コンセプトは「WE HAVE WINGS(私たちには翼がある)」。「片翼の小さな飛行機」として物語の主人公を務めたのは、公募オーディションで選ばれた和合(わごう)由依さん。ネット上では「表現力がすごすぎる」「涙出てきた」など絶賛の声が寄せられている。

 楽しそうな笑顔、不安げで悲しみの伝わる表情、覚悟を決めた鋭い眼力。魅せる1つ1つが、見る人の心を虜(とりこ)にした。先天性の羊膜索症候群(手足の形態異常)、関節拘縮症(関節の動きに制限が見られるなどの症状)による上肢下肢の機能障がいがあり、車いすで生活。左腕も動かないが、弾ける笑顔とクリクリした大きな瞳が魅力的な女の子だった。和合さんは「今まで出会えた人たちに、今の自分を見てほしいと思ってオーディションに応募しました。自分で表現することや、みんなで協力してものづくりって楽しいです」とコメントを寄せた。

 普段は左腕が自由に動かせないため、人に車いすを押してもらっている。しかし「自分の力だけで走り切りたい」という強い願いから、ラストシーンでは約20メートルの滑走路を自力で漕いでみせた。この日のためにトレーニングを実施。途中、背中の痛みなどで涙した時もあったという。それでも和合さんは「“とにかくやってみよう”というタイプ」だと語り、オーディションが行われた2月から約半年間で努力を重ねた。プレッシャーもある中、最後まで笑顔でやり抜き、見事“片翼の小さな飛行機”として飛び立った。

 都内の中学2年生で、生徒会役員、応援団を務め、吹奏楽やミュージカル鑑賞が大好き。オーディションでは楽器演奏や絵画、モノマネを披露した。演技経験は全くないが、開会式の演出を担当したウォーリー木下氏は「愛らしい表情や強いまなざしで、審査員の満場一致で大役を任せることを決めました」と振り返る。世界中の注目が集まる東京パラリンピック開会式という大舞台。和合さんの“真夏の大冒険”は、見た人全てにも翼があることを感じさせるシーンとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月24日のニュース