ジャニーズ事務所名誉会長メリー藤島さん死去、93歳

[ 2021年8月17日 17:00 ]

藤島メリー泰子名誉会長
Photo By 提供写真

 ジャニーズ事務所で「たのきんトリオ」「少年隊」などを育成した藤島メリー泰子(ふじしま・めりー・やすこ)名誉会長が14日午前7時35分、肺炎のため都内の病院で死去した。93歳。米国ロサンゼルス市出身。ジャニーズ事務所が17日明らかにした。

 ジャニーズ事務所によると、葬儀は故人の遺志により、近親者のみで執り行った。「お別れの会」を行う予定はないという。

 実弟で事務所創業者のジャニー喜多川さん(享年87)が他界してから約2年。ジャニーズ事務所はホームページで「創業以来、メリーはジャニーが生み出したタレントを支えて参りました」と功績を紹介。

 「ファンの皆様が集う場所をファンクラブではなく、ファミリークラブだと申しておりました通り、タレントもファンの皆様も同じ家族の一員であるというその絆を大切にし、ジャニーズのエンターテイメントそのものが共に成長し、お楽しみいただける場所であることに情熱を注いでまいりました。これからも、その背中を見てきたタレントと社員がその思いを受け継ぎ、精進してまいりますので、何卒ご指導賜れますと幸甚に存じます」と続け、「改めまして、これまでメリーが皆様より賜りました数々のご支援に、心より感謝申し上げます」とコメントした。

 メリーさんはロサンゼルスのリトルトーキョーにある高野山真言宗米国別院の僧侶の長女として生まれた。3人きょうだいの長女で、すぐ下の弟はNASAの職員。末弟のジャニーさんらとは第二次世界大戦前に日本に来た。

 1962年にジャニーさんが「ジャニーズ事務所」を創業すると、タレントたちの衣装面などを担当して弟を支えながら経営や、タレントの管理にも大きく携わった。

 夫で作家の藤島泰輔さんは1997年に死別。長女の藤島ジュリー景子氏が2019年からジャニーズ事務所の社長を務めている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年8月17日のニュース