綾瀬はるか 「ざまぁ!」と言った高橋一生に言い返した「橋から落ちろ!」

[ 2021年1月15日 21:37 ]

女優の綾瀬はるか
Photo By スポニチ

 女優の綾瀬はるか(35)と俳優の高橋一生(40)が15日放送のTBS系「ぴったんこカン・カンSP」(後7・00)に出演。17日にスタートする同局の日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人~」(日曜後9・00、初回は25分拡大スペシャル)で共演している2人は、埼玉・秩父で番組MCの安住紳一郎アナウンサー(47)らと冬キャンプをした。

 高橋は綾瀬のことを役名の「望月彩子」の彩子から「あーちゃんと呼んでいる」と話せば、綾瀬も高橋の役名「日高陽斗」から「ひーちゃんと呼んでいる」と仲の良い雰囲気を醸し出していたが、早くも撮影中のハプニングがあったようで、刑事役の綾瀬が手錠を取り出して高橋にかけるシーンでの“バトル”を口にした。

 鉄製の手錠をかける際に「手に手錠が刺さって腫れた」という綾瀬。すると高橋は「大丈夫?」と心配した後、「ざまぁ!って言ってきたんですよ。めちゃひどくないですか」(綾瀬)。腹が立った綾瀬は高橋に「橋から落ちろ!」と言い返したという。

 これには高橋にも言い分があるようで「ざまぁ、の前段階がさんざんあった」とし「手錠の逆のはまらない方をガンガン(手に)あててきて、こっちも腫れた。赤くなった」と話した。

 いつまでも尽きない2人の話に安住アナは「いずれにしてもそのシーンをオンエアで見るのが楽しみ」とまとめていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月15日のニュース