りんか隊長大興奮!8分で7500発!?閉店30分前からでも一撃ある

[ 2021年1月15日 05:30 ]

りんか隊長は「Pスーパーコンビα7500」を堪能しポーズを決める
Photo By 提供写真

 皆さまこんにちは!りんか隊長です。今回ご紹介するのは、知る人ぞ知る名機の遺伝子を完全継承した「Pスーパーコンビα7500」。本機はその名前の通り、一度大当りすれば約7500発の払い出しを得られる「一発台」!スペックにややこしい部分は一切なし。シンプルかつ激アツなゲーム性が魅力ですよ。

 まずは大当りまでの流れを紹介しましょう。通常時は左打ちで上段役モノへの「飛び込み口」を狙います。玉が飛び込んだら、ステージでゆらゆらと揺れる玉の行方に注目。ステージから落ちた玉が、回転体と左右に動く波型ギミックをかいくぐって中央手前の穴に入れば興奮必至!激アツの下段クルーンへ向かいます。
 下段クルーンには3つの穴があり、手前の「赤穴」に入れば大当りの権利を獲得。クルーン内を動く玉を見守る時間は緊張感MAXです!なぜならば、冒頭でもお伝えしましたが、この1玉が一撃約7500発の払い出しにつながるから!
 大当りの権利を獲得した後は、まず右打ちで電チュー保留を溜めます。電チューの大当り確率は1/1となっているので、当該変動+保留4個分(約1500個大当り×5)で約7500発の出玉を得られるというわけです。普通に右打ちするだけなので難しいことはありませんが、くれぐれも保留の溜め忘れにはご注意ください。そのまま右打ちを続ければV入賞後に大当りラウンドがスタートします。
 大当り中は長い演出などはなく、5セット取り切るまでにかかる時間は「わずか8分」ほど。そう、短い時間で約7500発を得られるので、ちょっとした空き時間でも十分に勝負可能なんです。例えば、閉店30分前から打っても逆転が視野に入りますよ!
 私は現役で打っていた世代ではないですが、往年の一発台ファンの方々には「こういう台を待っていた!」という方も多いのではないでしょうか。すでに全国導入は始まっているので、ぜひお近くのホールをチェックしてみてください!  
 
 ◆りんか隊長(りんかたいちょう)パチンコ・パチスロライターとして、雑誌・テレビなどで活躍。秋葉原のメイドカフェでメイドとしても活動している。好きなパチンコ・パチスロはアニメ・特撮系。サイトセブンTV「双極銀玉武闘 PAIR PACHINKO BATTLE」に出演しているほか、パチマガ誌面で「あっと☆ぱちdays2」を連載中。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月15日のニュース