張本勲氏 不振のレイズ・筒香に「バックスイングが小さい、開いてお尻に重心がきている」

[ 2020年10月11日 10:23 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(80)が11日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。大リーグのポストシーズン(PS)で8打数無安打と結果が出ていないレイズの筒香嘉智外野手(28)についてコメントした。

 張本氏は、「ダメだねえ。今の形は1番悪い時の筒香だから。バックスイングが小さい、開いてお尻に重心がきている。今の形じゃ打てないよ。元に戻してほしいわねえ。早く直してもらいたいわ」と話した。

 筒香はレギュラーシーズンは51試合に出場し157打数31安打、打率・197、8本塁打24打点。2連勝したブルージェイズとのワイルドカードシリーズでは、9月29日(同30日)の初戦に「1番・DH」で先発出場し、2打数無安打で途中交代、翌30日(同10月1日)の第2戦は出番なし。今回の地区シリーズは、5日(同6日)の第1戦は出番がなく、6日(同7日)の第2戦は代打で左飛。7日(同8日)の第3戦は「5番・DH」で先発出場し5打数無安打、8、9日(同9、10日)の第4、5戦は出番がなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月11日のニュース