松本人志、トレエン斎藤の収録中負傷は「スタッフの甘え」も「甘えてもらいたいのが芸人」

[ 2020年10月11日 10:33 ]

ダウンタウンの松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(57)が11日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司(41)が同局のバラエティー「でんじろうのTHE実験」のロケで、背骨を折るなど全治2~3カ月の重傷を負ったことについてコメントした。

 松本は「芸人さんは言われたことを何でも一生懸命やってくれるでしょう?そこにスタッフが甘えているところがあるのかな」と率直に感想を語ったが、「甘えてもらいたい性(さが)でもあるのが芸人だから難しい」と見解を述べた。

 最近のテレビ番組撮影中の事故としては、昨年11月に俳優の佐野史郎(65)が日本テレビ「ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル」の企画で第3腰椎骨折。松本は「おれがここで“あそこから何も学んでなかったのか”と言っても“お前の番組じゃ”って言われるから」と複雑そうに話した。

 また、負傷した斎藤に対しては「『IPPONグランプリ』に出たときのほうが大ケガしてた」と話して笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月11日のニュース