「麒麟がくる」陣内孝則 今夜「俳優人生最高のシーン」豪商・今井宗久は「お金が大好きなアウトレイジ」

[ 2020年10月11日 08:00 ]

大河ドラマ「麒麟がくる」で堺の豪商・今井宗久を演じる陣内孝則(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の陣内孝則(62)が11日に放送されるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)第27話「宗久の約束」のキーマン。陣内演じる堺の豪商・今井宗久が副題になった。

 俳優の長谷川博己(43)が主演を務める大河ドラマ59作目。第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。

 第27話は、美濃に入った義昭(滝藤賢一)は盛大な歓迎を受ける。しかし信長(染谷将太)は、戦にまるで興味のない様子の義昭を不安に思う。一方、光秀(長谷川)は上洛にあたり、三好勢の兵力と朝廷側の意向を探るため、京へと向かった。駒(門脇麦)を頼り、事情をよく知る伊呂波太夫(尾野真千子)の元へ。三好は今井宗久(陣内孝則)をはじめとした堺の豪商と強固なつながりがあり、その財力が強さになっているという。宗久の名前を聞いた駒は、かつて丸薬を商売にしないかと持ち掛けてきた商人のことを思い出し、光秀を連れて宗久の元へ向かう…という展開。

 今井宗久は堺の豪商にして当代髄一の茶人の1人。駒の丸薬「芳仁丸」のスポンサーになったことから、光秀と知己を得る。

 陣内は「まず監督に言われたのが『お金が大好きなアウトレイジ』を演じてほしいということでした。武家商人であり茶人ですので、戦国時代を生き抜く強さと、物事に動じない品性のようなものを演じることができたらと思っています。影ながら時代をプロデュースしているフィクサー感を出していきたいです」と演技プラン。

 第27話は、お茶を点てながらの長台詞があり「コロナ禍で撮影が中断したため、そのシーンの収録まで3カ月くらい時間がありましたので、家ですごく練習しました。どう転んでもセリフは忘れないというくらい、マネジャーを相手にセリフの練習もしまして、この1シーンで舞台以上に練習しました(笑)。茶道指導の先生の所作は一朝一夕では出せない深みがあり、そこには及びませんが、僕の俳優人生の中では最高のシーンになっているのではないかと思います。是非ご注目いただきたいと思います」と渾身の芝居をアピールした。

 陣内は池端氏の「太平記」に出演し、足利尊氏(真田広之)の盟友・佐々木道誉役。「麒麟がくる」については「これまでいろんな方が明智光秀を演じてきましたが、また新しい長谷川博己さん独自の明智光秀像が作られていると思います。光秀が戦国の場面場面を渡り歩く新鮮な姿で描かれていて、とても面白いですね。また染谷将太さん演じる信長を見て『こういう切り口があったのか。なるほど』と、すごく感心しました。今回の大河ドラマは、脚本はもちろん、キャラクターの描かれ方など、これまでにない新しさを感じます。どのキャラクターも生き生きとしていて、墨色の世界から、天然色の映画になったようなイメージを受けました」と絶賛している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月11日のニュース