間寛平 「みちのくマラソン」走る 復興で変わる景色「今年も変化を見ていきたい」

[ 2020年10月11日 05:30 ]

福島県浪江町を出発する間寛平
Photo By 共同

 東日本大震災の復興支援を目的に、タレントの間寛平(71)が福島、宮城、岩手の被災3県を走る「みちのくマラソン」が10日始まり、寛平が福島県浪江町をスタートした。

 車での移動を挟みながら約45キロを走り、14日に岩手県宮古市にゴールする。マラソンは2012年に始まり、今年で9回目。雨の中のスタートとなったが、寛平は「(復興で)毎年ちょっとずつ景色が変わっている。今年もそういった変化を見ていきたい」と話し、マスク姿で出発した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月11日のニュース