松岡茉優 「カネ恋」視聴できなかった三浦春馬さんファン気遣う「素晴らしいお芝居がそこに」

[ 2020年10月11日 12:34 ]

女優の松岡茉優
Photo By スポニチ

 女優の松岡茉優(25)が11日、パーソナリティを務めるTBSラジオ「松岡茉優 マチネのまえに」(日曜正午)に出演。俳優・三浦春馬さん(享年30)の遺作で、6日に最終回を迎えた同局連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」についてコメントした。

 「先週火曜日に最終回を迎えることができました。一緒に走ってくださった皆さん、本当にありがとうございました」と謝意。「ちょっと今はまだ見れなかったよ、という方は、もし時間が経って見れるなという時が来たら、その時はぜひ見て欲しいなと思っています」と、明言はしなかったものの三浦さんのファンを気遣った。

 「やっぱり放送されることによって、つらい気持ちにさせてしまった人もいると思うし、ドラマの本放送を見なくても、予告は突然流れますからね。ツイッターでも突然出てきたりするだろうし。つらい思いをさせてしまった方もいらっしゃるだろうなと今でも思ってます」と吐露。「だから『見れなかった、ごめんなさい』とか『ちょっと今は見れないんです』っていう方がちらほらお見受けしたんですけれども、誰にも謝らないで欲しい」とファンに語り掛けた。

 「私達も、絶対に見て欲しい、ってことでもないんです。見れる人は見てほしいなっていう気持ち。だから、もし時間が経って、見たいな、見れるかもなって思ったら、とっても素晴らしいお芝居がそこにありますので、もしその時が来たら、またお会いしましょう」と優しい口調で話し、SMAPの楽曲「オレンジ」をリクエスト曲に選んで流していた。

 松岡演じる主人公の清貧女子と、三浦さん演じる浪費男子によるラブコメ。初回の9月15日の放送中には、ツイッターで「#カネ恋」がトレンド1位になるなど話題に。最終回のエンディングでは、春馬さんが笑顔いっぱいのシーンとともに「春馬くん ずっと大好きだよ キャスト・スタッフ一同」のテロップ。最終回の平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は10・9%だった。

 三浦さんは、亡くなる前日まで撮影に参加。当初は9~10月に全8話の放送を予定していたが、撮影期間に三浦さんが急逝。放送中止となる可能性も浮上していたが、同局では三浦さんの作品を視聴者に届けるべく、一部台本を書き直し、全4話に短縮して放送した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月11日のニュース