舘ひろし 渡哲也さんの月命日に胸中語る「来世があれば、再び渡哲也の舎弟でありたい」

[ 2020年10月11日 05:33 ]

渡哲也さんの墓前で手を合わせる舘ひろし
Photo By スポニチ

 肺炎のため8月に他界した俳優渡哲也さん(享年78)の月命日の10日、渡さんを師と仰ぐ石原プロ後輩俳優の舘ひろし(70)が初めて胸中を語った。「静かに送ってほしい」という遺志に従い、密葬にも参列しなかったが、四十九日が過ぎた今月6日に初めて墓参。「もし来世というものがあれば、再び渡哲也の舎弟でありたい」と永遠に変わらぬ絆を語った。

 悲報から2カ月がたった現在の心境は「いまだに亡くなった気がしないんだよね」だ。駆け出しのころ「渡です」と立ち上がってあいさつしてくれた姿にほれてから40年以上、ずっと背中を追い続けてきた。渡さんの不在を実感できないでいるのは、渡さんの言葉、行動の一つ一つが俳優、人生としての指針となり体内に息づいているからだ。

 神田正輝(69)、徳重聡(42)らと訪れた墓前では「ありがとうございましたしか浮かばなかった」と苦笑い。「僕の作品を見てくれて、いつも褒めてくれた。僕にとって父であり、兄であり、人生の師。渡がいなかったら、俳優を続けていなかったかもしれない」。感謝の気持ちと言葉はあふれるばかりだ。

 密葬に参列できなかったが「僕が参列しなかったことで、ほかに参列がかなわなかった人たちも納得すると思う。舎弟としての役割は果たせたと自負している」と誇らしげに語った。

 唯一の心残りは2人の共演映画が実現できなかったこと。「そういう意味では寂しいけれど、前に進むしかないからね。いつかいい映画を作って、墓前に報告できたら。それが今の夢かな」と決意をにじませた。「舎弟でいることが本当に気持ち良かった」。渡さんの姿を思い浮かべ、ほほ笑みながらつぶやいた。 (鈴木 元)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月11日のニュース