羽生九段 攻め手を見いだせず「駒がぶつかった後の選択に問題あった」

[ 2020年10月11日 05:30 ]

第33期竜王戦7番勝負第1局 ( 2020年10月11日    東京・渋谷区 セルリアンタワー能楽堂 )

黒星スタートとなった羽生九段(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 将棋の第33期竜王戦7番勝負第1局は10日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で第2日が指され、後手番の豊島将之竜王(30)が挑戦者・羽生善治九段(50)を52手で破り、1勝目を挙げた。タイトル獲得通算100期に王手をかけている羽生は黒星スタート。第2局は22、23日に名古屋市の亀岳林・万松寺で行われる。

 竜王戦7番勝負に50代棋士が登場したのは今回の羽生が初めて。通算100期の大台を狙う意味でも注目度の高い開幕局で、羽生は最後まで攻め手を見いだせず「駒がぶつかった後にいくつか分岐があったと思うんですが、そのあたりの選択に問題があったのかもしれないですね」と振り返った。

 序盤早々に激戦となる戦いだが、早期の投了は第2局以降に力を蓄える布石ともとれる。「また気持ちを新たに頑張っていきたい」。次局は14日の王将戦挑決リーグで佐藤天彦九段(32)との対戦だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月11日のニュース