厚切りジェイソン 不倫報道・瀬戸大也の“イクメン”批判に疑問「理解できません」

[ 2020年9月24日 09:22 ]

厚切りジェイソン
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の厚切りジェイソン(34)が24日、コメンテーターを務めるTBS系「グッとラック!」(月~金曜前8・00)に出演。東京五輪代表に内定している競泳男子の瀬戸大也(26=ANA)がこの日発売の週刊新潮で不倫を報じられた件で、一部で“イクメン”であることが批判を浴びていることに疑問を呈した。

 厚切りは「一番最初に思ったのはラブホテル4600円は高いよね」と、記事に掲載されている瀬戸が利用したとされているホテルの金額にツッコミ。さらに「みんなが子育てに力入れているのを批判しているのはどうかと思う」とイクメンである部分が逆に批判の対象となっていることに疑問を投げかけ、「悪いことしたかもしれないけど、ちゃんと子供たちと接しようとしているところは認めて(あげないと)いけないのかなと」と続けた。

 番組MCの落語家・立川志らく(57)も「子供への愛情は嘘じゃないと思うからね」と同意。厚切りは「それがさらに炎上のきっかけになっているのかは理解できません」と主張した。

 フリーアナウンサーの小林麻耶(41)は元飛び込み選手の優佳夫人(25)が不貞の同日に自身のインスタグラムで2人の子供の子守をしてくれた夫への感謝をつづっていることに触れ、「ショックはすごい大きかったんじゃないかなと思う」とおもんぱかった。

 瀬戸は24日未明、マネジメント会社の公式サイトで「自分の軽率な行動により大切な家族を傷つけ、応援してくださっている皆さま、関係者の方々、支援頂いている企業の皆さまに大変不快な思いとご迷惑をおかけしてしまいましたことを、深くお詫(わ)び申し上げます」と直筆メッセージで謝罪。おしどり夫婦として知られる、優佳夫人も「今後、どのような形で皆さまの信頼を回復していくことができるか、そして私たち家族のことについては、よく話し合っていきたいと考えております」とコメントを発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月24日のニュース