「エール」藤堂先生が出征へ 博多華丸もショック「明日、見たくないなぁ。休んでいいですか?」

[ 2020年9月24日 08:30 ]

博多華丸・大吉
Photo By スポニチ

 俳優の窪田正孝(32)が主演を務めるNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)の第74話が24日に放送され、シンガー・ソングライターの森山直太朗(44)演じる主人公の恩師・藤堂先生が出征することが明らかになった。生徒だった“福島三羽ガラス”と再会したものの「みんなとは、楽しい思い出ばっかりだ。本当に幸せな教師生活だったよ」。今生の別れを告げるような展開に、インターネット上には涙する視聴者が相次いだ。

 直後の同局「あさイチ」(月~金曜前8・15)の“朝ドラ受け”。近江友里恵アナウンサー(32)が「寂しい感じになっちゃいました」と切り出すと、博多大吉(49)も「しんみりしちゃいましたね」。博多華丸(50)は「明日、嫌だなぁ~。明日、見たくないなぁ。明日、休んでいいですか?」とショックの様子。大吉は「ダメです。ご安心ください。明日は(ゲストに)江口洋介さんが来てくれます」と笑いを誘い、気持ちを切り替えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月24日のニュース