AKB前田彩佳 椎間板ヘルニアで当面活動制限、不運続きで「今年の運勢がやばい」

[ 2020年9月24日 15:51 ]

 AKB48は24日、グループの公式ブログで、前田彩佳(19)が椎間板ヘルニアのため当面の活動を制限することを発表した。

 数日前から腰の痛みを訴えていたといい、「昨日病院で診察を受けた結果『椎間板ヘルニア』と診断されました。当面の間、本人の体調を最優先に考え、無理のない範囲での活動とさせていただきます」と説明した。

 24日に配信で行われるグループ内ユニットの「HUETONE(ヒュートーン)」の配信公演は一部出演。10月3日の「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン2020」は不参加となる。

 前田は自身のツイッターで、「楽しみにしてくださってた方本当にごめんなさい。私自身とってもショックです。今は治療に専念したいと思います」とコメント。3月には「右自然気胸」を患い休養するなど、今年は不運続きのようで、「とりあえず、数日前にも火傷したり、今年の運勢がやばいので、いいお祓い教えてください」ともつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月24日のニュース