松本まりか「人生がキラキラ」 多忙の日々も充実、初挑戦の連続

[ 2020年9月24日 15:03 ]

ハインツ「大人むけのパスタ」新ブランドアンバサダー就任記念イベントに出席した松本まりか
Photo By スポニチ

 女優の松本まりか(36)が24日、都内で行われたハインツ「大人むけのパスタ」新ブランドアンバサダー就任記念イベントに出席した。

 「ドラマだけでなく、雑誌の仕事、写真、バラエティーなどか色んなジャンルに挑戦して目まぐるしい日々」と多忙を極めている様子だが、「とても充実。この年になって初めての経験をさせてもらっている。泣いたりするけど、人生がキラキラしている。毎日がすごく楽しい」と目を輝かせた。

 最近は12日に放送された音楽特番「THE MUSIC DAY 2020」(日本テレビ系)に出演し、テレビ生歌唱に初挑戦した。当初は「あまりにも予想外なお話。お断りしよう」と考えたが、「いくつになっても無謀なことに挑戦する人でいたい」と思い直し、オファーを受けた。本番ではテレサ・テンの「愛人」を歌唱し、「私の人生に大きな糧になった。これ以上ないくらい、やり切ったと思えた体験。恥をかくことは怖いことじゃない。1つひとつの仕事が大きな気付きを与えてくれる」と挑戦することの大切さを実感していた。

 “怪演女優”として注目されている松本だが、役作りで大切にしていることは「台本を文字面で捉えないこと」という。「演じる役がどういう生い立ちなのか、その人の人生を考えることを大事にしている。表面と内側にあるものを両方をミックスさせて、なるべく深くその役をやれるように演じたい。人って見えている部分と奥底では違う。現場に立ったとき、その人の人生観が自然をにじみ出てくれたらいい」と信念を語った。

 ブランドアンバサダーの起用は、松本にとっ初めてで「うれしい。光栄です」と笑顔。報道陣の前でエプロン姿を披露する一幕もあり、「恥ずかしい」と照れていた。

 イベントではインスタグラムでライブ配信を行ったが「自粛期間が明けてからやっていなかった。『あざとくて何が悪いの?』という番組に私のインスタライブを取り上げてもらってから、恥ずかしくて今後どうやってやればいいのかわからなくなっちゃって…」と明かしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月24日のニュース