和田アキ子 天国の守屋浩さんに感謝「芸能界の礼儀や縦社会を教えていただきました」

[ 2020年9月24日 05:30 ]

和田アキ子
Photo By スポニチ

 「僕は泣いちっち」などのヒット曲で知られる、歌手の守屋浩(もりや・ひろし、本名・守屋邦彦=くにひこ)さん(享年81)の訃報に接し、和田アキ子(70)が23日、所属事務所のホリプロを通じてコメントを寄せ、「私にとっても、気軽に話しかけられないくらい尊敬する偉大な大先輩でした」と悼んだ。

 守屋さんはホリプロの第1号タレントで、引退後の76~86年は同社社員として今も続くオーディション「ホリプロスカウトキャラバン」を発案した功労者。和田は65年に同社にスカウトされ、68年にデビューしており「右も左も分からない私に、芸能界の礼儀や縦社会を教えていただきました」と感謝した。

 守屋さんは19日に前立腺がんのため静岡県内の施設で死去。22日に近親者のみで家族葬が営まれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月24日のニュース