山口達也容疑者を送検 表情は伺えず

[ 2020年9月24日 10:23 ]

送検される山口容疑者を乗せたと思われる車両。表情を伺うことは出来なかった(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 酒を飲んだ状態でバイクを運転したとして道交法違反(酒気帯び運転)で警視庁に現行犯逮捕された元TOKIOの山口達也容疑者(48)が24日、警視庁本部から東京地検に送検された。

 午前9時40分頃、山口容疑者を乗せたと思われるシルバーの車が警視庁を出発。80人ほどの報道陣が集まる中、無数のフラッシュが浴びたが、後部座席の山口容疑者の姿は見えず、表情は伺うことはできなかった。

 山口容疑者は22日午前9時半ごろ、東京都練馬区桜台の路上で酒気帯び状態でオートバイを運転し、信号待ちの乗用車に追突。検査で、基準値を大幅に上回る呼気1リットルあたり0・75ミリグラムのアルコールが検出された。同容疑者は18年1月、飲酒による肝臓数値の悪化のためアルコール関連で2度目の入院。退院当日、焼酎の瓶1本ほどを飲み、わいせつ事件を起こした。捜査関係者によると山口容疑者は「朝までずっと酒を飲んでいた」と供述しており、デビュー日の夜からずっと飲酒していたことも判明。さらに追突した相手は警察官で、酒の臭いにすぐ気付き、通報したという。

 同容疑者は18年1月、飲酒による肝臓数値の悪化のためアルコール関連で2度目の入院。退院当日、焼酎の瓶1本ほどを飲み、わいせつ事件を起こした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月24日のニュース