手越祐也 山口容疑者への思い語る「農業で力を貸していただきたい思いは変わっていない」

[ 2020年9月24日 22:27 ]

8月に行われた著書「AVALANCHE」出版会見で「手越村」構想を語っていた手越祐也
Photo By スポニチ

 6月にジャニーズ事務所を退所したタレントの手越祐也(32)が24日、自身のYouTubeチャンネル「手越祐也チャンネル」を更新。ジャニーズ時代の先輩で、22日に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで警視庁に現行犯逮捕された元「TOKIO」の山口達也容疑者(48)についてコメントした。

 8月に行われた初の著書「AVALANCHE」の出版会見で日本の食材の素晴らしさを発信する農業拠点「手越村」構想を語り、「僕は農業の初心者。人生と農業の先輩に先導していただければ」と山口容疑者へラブコールを送っていた手越。この日公開された動画では「お酒を飲んで運転することは全世界どこを見てもやってはいけないこと」とした上で、「山口くんに懸けられた言葉やお世話になったことは消えることではない」と先輩への思いを口に。かつて山口容疑者から「お前から自由を取ったら一番いいところがなくなるんだから、そのまま突っ走れよ、好きに楽しめよ、ファン大事に」と言葉をかけられたことを明かし、「本当に素晴らしい方なんですよ、後輩思いだしかっこいい兄貴分。全スタッフ、全共演者から凄く尊敬されている」と人柄を称賛した。

 そして「手越村」構想に言及し、「農業というジャンルで、力を貸していただきたいという思いは変わっていない」ときっぱり。山口容疑者が反省し、償いを終えて再出発を考えたときに「“手越に力貸してやろうかな”とか“一緒にやってみようかな”とか思っていただけるのであれば」と改めて呼び掛け、「社会の皆さんが許してくださるのなら、僕はまたどこかで山口達也さんとご一緒できればなと思っています」と思いを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月24日のニュース