成海璃子 一般男性と結婚「今後も変わらずに仕事を続けていきたい]

[ 2020年9月24日 05:30 ]

成海璃子
Photo By スポニチ

 女優の成海璃子(28)が23日、一般男性と結婚していたことを所属事務所を通じて発表した。関係者によると、9月中旬に2人そろって都内区役所に婚姻届を提出した。挙式・披露宴については未定。「今後も変わらずに仕事を続けていきたいと思いますので、温かく見守っていただけますと幸いです」とコメントを寄せた。

 最近のインタビューでは自身の結婚観について「他の人と暮らすことがイメージできない」と語ることもあったが、関係者が「成海さんは8月中には親しい人に結婚前のあいさつをしていたようです」と明かすなど準備は進めていたようだ。

 来年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」への出演が決まっており、主人公の渋沢栄一の従兄(いとこ)・渋沢喜作(高良健吾)の妻役。今月中旬の撮影にも参加しており、スタッフは「とても元気に明るく撮影に臨んでいました。結婚が決まってテンションが高かったのかもしれません」と振り返った。

 成海は2000年、子役として出演したテレビ朝日「TRICK」でドラマデビュー。05年には13歳で日本テレビ「瑠璃の島」でドラマ初主演を務めた。多忙な中、高校入学後には「女優を卒業して結婚したい」と思い悩んだこともあったが、順調にキャリアを重ねた。伴侶を得て、さらに仕事にまい進する。

 ◆成海 璃子(なるみ・りこ)1992年(平4)8月18日生まれ、神奈川県出身の28歳。フジテレビ「1リットルの涙」など多くの話題ドラマに出演。07年には映画「神童」などで第62回毎日映画コンクールのスポニチグランプリ新人賞を受賞。12年にNHK大河ドラマ「平清盛」に出演。趣味は読書。特技はピアノと三線(さんしん)。身長1メートル63。血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月24日のニュース