近藤春菜 占い師に告げられた“志村さんの思い”に胸キュン アンタ柴田からは痛烈ツッコミ

[ 2020年6月17日 14:41 ]

お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハリセンボン」近藤春菜(37)が、16日深夜放送のフジテレビ系「志村友達」(火曜深夜0・55)にゲスト出演し、新型コロナウイルスによる肺炎で3月に死去した志村けんさん(享年70)との不思議な縁を占い師に告げられたことを明かした。

 志村さんとコントで約4年間、共演したという近藤は、MCの柴田英嗣(44)から「志村さんのイズムが相当、継承されている人だよね」と紹介され、「マジでありがたいですね」と志村さんに感謝。その上で昨年、占い師から言われた言葉を披露した。

 「『気持ちってその人に乗るから、誰かに思われてたら、その人の顔が浮かぶ。あなた、志村さんがすごく見守ってる』って言ってもらったんです」。その言葉がよほどうれしかったのか、妄想があらぬ方向に向いてしまったようで、「『あなたね、志村さんの気持ち、すごいあなたにあるわよ』って言われてから、ちょっと『志村どうぶつ園』に行く時の気持ち…変わりました」と乙女心を告白。すかさず柴田から「女出そうとするんじゃないよ!」と突っ込まれていた。

 志村さんとのコントで近藤は、相方の箕輪はるか(40)とともに、他の女性タレントではできない役回りを演じたこともあった。番組では、2人が志村さんら出演者の前で、下着を脱ぐという体当たりコントが放送された。近藤は「私たちもパンティー脱いでましたね。ちゃんとその場で脱がすという」と話し、「その線引きがありがたい。その線引きがアウトなこともあるじゃないですか?」と感謝した。

 「千鳥」の大悟(40)が「そこをありにしてくれたのはありがたいよな。脱いで笑えるんだもん」と語ると、近藤も「脱いで笑えるって、最高ですよね」としみじみ。柴田から「何喜んでるんだよ。脱ぎたいの?」と、再び鋭いツッコミが入っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月17日のニュース