松嶋尚美、河井案里参院議員に「離党すんやったら1億5000万円も耳そろえて返さなあかんわ」

[ 2020年6月17日 13:00 ]

タレントの松嶋尚美
Photo By スポニチ

 タレントの松嶋尚美(48)が17日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、自民党に離党届を提出した河井克行前法相と妻の案里参院議員についてコメントした。

 案里氏が初当選した昨年夏の参院選を巡る公選法違反事件では、公設秘書が16日、執行猶予付きの有罪判決を言い渡された。連座制の適用対象で、案里氏が失職する可能性が高まっている。検察当局は通常国会閉会後、夫妻を公選法違反(買収)容疑で立件する方向で詰めの捜査を進めている。
 司会の坂上忍(53)が「議員辞職すればいいというものではないですが、なんか、こう、いまいちけじめをつけない方が多いなという印象もありますけど」と指摘すると、松嶋も「それは思うし、私も」と同調。

 「隠れることができるぐらいの余裕の仕事やったんなら」と、“ケジメ”をつけるべきだと述べ、「雲隠れっていうんでしたっけ?」と説明責任を果たさない夫妻をチクリ。「まだ長いよー、この人たちの議員期間」と続けると、坂上も「(歳費は)我々の税金ですからね。お金もったいないよ、って思っちゃいますしね」と同調した。

 さらに松嶋は「(議員を)辞めればと思うし、離党すんやったら(昨年の参院選で党から)運動用にもらった1億5000万円も耳そろえて返さなあかんわ」と指摘した。
 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月17日のニュース