北村弁護士 テレ朝「グッド!モーニング」医師取材で“真逆編集”に苦言「虚偽報道の敗北」

[ 2020年5月12日 16:18 ]

北村晴男弁護士
Photo By スポニチ

 北村晴男弁護士(64)が12日、自身のツイッターを更新。テレビ朝日「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)で、新型コロナウイルスに関して取材した心臓外科医の澁谷泰介さんから「編集され真逆の意見として見えるように放送された」と指摘を受け、番組が謝罪した件に言及した。

 北村弁護士は「テレ朝のインタビューに澁谷医師が『今、PCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策でない』『無作為な大規模検査は現場は全く必要としてない』と答え、番組が編集し真逆の意見として放送。同医師の批判ツイートを受けて、『受け止めを疎かにしていた部分が』と意味不明な言い訳」と指摘したうえで「虚偽報道の敗北」と記した。

 同番組は7日、ベルギーで医療に従事し、現在は日本で診療にあたっている心臓外科医の澁谷さんにインタビューした内容を放送したが、澁谷さんが同日更新したフェイスブックで「編集で取材内容とはかなり異なった報道をされてしまい、放送を見て正直愕然としました」と報告。これを受け、12日の放送で、総合司会を務める同局の坪井直樹アナウンサー(50)が「PCR検査が増えることについて、澁谷医師は取材の中で、一般の人にとってはいいことと言うのと同時に、医療現場ではただひたすら数が増えるというのは医療崩壊につながる恐れがあるのでその点については望まないとおっしゃっている。私たちは、この医療現場の声の部分を放送につなげることをおろそかにしていた部分がありました。大変おわびいたします」と謝罪した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月12日のニュース