テレ朝「グッド!モーニング」謝罪 医師取材で“真逆編集”「現場の声をおろそかにしていた部分あった」

[ 2020年5月12日 07:42 ]

 テレビ朝日は7日放送の朝の情報番組「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)内で新型コロナウイルスに関して取材した心臓外科医の澁谷泰介さんから「編集され真逆の意見として見えるように放送された」と指摘を受けていたことについて、「医療現場の声を放送につなげることをおろそかにしていた」とし、12日放送の同番組内で謝罪した。

 総合司会を務める同局の坪井直樹アナウンサー(50)が「“日本では疑わしい人だけにPCR検査をするという世界的に珍しい政策をとっていた”という澁谷医師のコメントの一部を紹介しました。ただ、その後、同じVTRで別の学者の主張もお伝えしたことで、結果として澁谷医師も“PCR検査をただちに増やすべき”という主張をしている印象となりました」と7日に放送されたVTRについて説明。澁谷さんのインタビューを2分以上にわたって改めて放送し、「PCR検査が増えることについて、澁谷医師は取材の中で、一般の人にとってはいいことと言うのと同時に、医療現場ではただひたすら数が増えるというのは医療崩壊につながる恐れがあるのでその点については望まないとおっしゃっている。私たちは、この医療現場の声の部分を放送につなげることをおろそかにしていた部分がありました。大変お詫びいたします」と謝罪した。

 澁谷さんから番組に送られたメッセージも紹介。澁谷さんは「ただただ現場の声を届けることができればという思いでしたので、このような形とはなってしまいましたが、メッセージを届けることができ十分に満足しています」とコメントした。

 同番組は7日、ベルギーで医療に従事し、現在は日本で診療にあたっている心臓外科医の澁谷さんにインタビューした内容を放送した。しかし、澁谷さんが同日更新したフェイスブックで「編集で取材内容とはかなり異なった報道をされてしまい、放送を見て正直愕然としました」と報告。

 「PCR検査に関してはこれから検査数をどんどん増やすべきだというコメントが欲しかったようで繰り返しコメントを求められましたが、私は今の段階でPCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではないとその都度コメントさせていただきました。無作為な大規模検査は現場としては全く必要としていない事をコメントさせていただきましたが完全にカットされていましました」と明かし、「欧州でのPCR検査は日本よりかなり多い(日本はかなり遅れている)といった論調のなかで僕のインタビュー映像が使用されて次のコメンテーターの方の映像に変わっていき、だからPCR検査を大至急増やすべきだ!というメッセージの一部として僕の映像が編集され真逆の意見として見えるように放送されてしまいとても悲しくなりました」とつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月12日のニュース