こじまこ AKB卒業から1年で心境、先輩ゆいはんからの返信にキャラ変!?

[ 2020年5月12日 19:20 ]

小嶋真子
Photo By スポニチ

 昨年、AKB48を卒業した小嶋真子(22)が、卒業からちょうど1年を迎えた12日、自身のツイッターに心境を語った。

 1年前のこの日、秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った小嶋は「AKBを卒業してから今日で1年 変わらず応援してくれる皆さん、推しではないけど気にかけてくれる48ファンの皆さん、卒業してから知って応援してくれている皆さんも、全部AKBがあっての出逢いです 感謝しています」と、絵文字をまじえながらツイート。劇場に飾られた自身の写真を外して胸に抱いた姿や、同期の岡田奈々(22)と顔を寄せ合う、現役アイドル当時のツーショット写真などを披露し、「卒業しても変わらず48グループが大好きです」と、グループへの変わらぬ愛着心を言葉にした。

 先輩のAKB48横山由依(27)から「まっこじ(小嶋)らぶ」と返信が届くと、小嶋は「キャップぅぅぅぅぅーーー(;;)あいたぁぁぁぁぁぁぁい(;;)コロナァァァァァァァァァ!」と人が変わったような文体でつづり、新型コロナウイルス感染拡大で会えないもどかしさを表現していた。

 小嶋は卒業後、アパレルブランド「Haluhiroine」を立ち上げてプロデューサーとして活動。自身のYouTubeチャンネルを立ち上げるなど、幅広い分野で活躍している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月12日のニュース