ホリ、初対面の木村拓哉に感謝 ものまね始め18年…公認もらい「引き続き精進」

[ 2020年1月4日 23:10 ]

ものまねタレントのホリ
Photo By スポニチ

 人気ものまねタレントのホリ(42)が4日放送のフジテレビ系「クイズ!ドレミファドン!2020新春SP」(土曜後6・00)に出演。俳優の木村拓哉(47)と初対面を果たした。

 番組途中にホリとものまねタレントの山本高広(44)が登場。ホリが木村、山本がスタジオにいる俳優・渡部篤郎(51)のものまねを本人の前で披露した。

 山本が「渡部篤郎です」とあいさつし、渡部の席に向かうと、ホリが「ちょ、まてよ!!」とおなじみのセリフで登場し、スタジオは騒然。ホリは「木村です。ドレミファドンの収録できました」「俺さ、思ったんだけどさ…この番組すげえいいじゃん」と“キムタクものまね”を続けた。木村本人は笑顔を見せ拍手を送った。

 木村のモノマネを始めて18年。本人と初対面を果たしたホリは「はじめまして」と深々とお辞儀すると、木村も「はじめまして」と頭を下げて応じた。ホリは「足が震えちゃって…。勝手にお世話になってました。すいません」と緊張からか涙する場面も。

 司会の中山秀征(52)が「今後もホリくんはモノマネをやっても大丈夫ですか?」と聞くと、木村は「大丈夫っしょ!」とOKを出してスタジオを盛り上げた。

 放送終了後にホリはツイッターを更新。「木村拓哉さんと初めてお会いさせていただきました。本当にありがとうございました」と感無量の様子。「感謝とお詫びと感動と色々な気持ちが複雑になってしまって、ど緊張してしまいました。あまりの緊張でヒデさんが公認のご確認をお気遣いいただき、重ねて感謝いたします!」と中山の気遣いにも感謝。「今後とも引き続き精進いたします!」と誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年1月4日のニュース