GACKTはすべらない!11日「人志松本の…」に初登場「緊張で気分が悪くなりました」

[ 2020年1月4日 05:31 ]

「人志松本のすべらない話」に出演した(左から)松本人志、宮川大輔、GACKT
Photo By 提供写真

 歌手のGACKT(46)が11日放送のフジテレビ「人志松本のすべらない話」(後9・00)に挑む。

 GACKTの出演が恒例となっている1日放送のテレビ朝日「芸能人格付けチェック!」は、第2部(後6・00)の平均視聴率が21.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となり年末年始番組で民放トップ。「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(35)とペアを組んで出演。鬼龍院のミス連発で“三流芸能人”となってしまったが、自身は個人の連勝記録を「62」に更新。視聴率に大きく貢献した“一流芸能人”からどんな“すべらない”話が飛び出すのか目が離せない。

 デビュー20周年の節目に初挑戦するのは、芸人たちとトークの真剣勝負。GACKTは「楽屋に入った時から緊張で気分が悪くなりました」と打ち明けた。緊張のあまり酒を飲んで収録に臨んだというが「サイコロで当たるまで、かなり時間がかかったので、事前に飲んだお酒の効果がどんどん薄れて、結局ほぼシラフで話す羽目になってしまいました」とユーモアたっぷりに振り返った。

 本番では自身の過去の話などを披露したといい「自分が面白いと思っていた話を皆さんにも面白いと感じてもらえてホッとしています」と手応えをのぞかせている。どんなすべらない話が飛び出したのか注目だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月4日のニュース