公演中に骨折の菊之助「じっくりリハビリしていきます」

[ 2020年1月4日 05:30 ]

鏡開きをする(左から)尾上菊之助、尾上松緑、国立劇場の河村潤子理事長、尾上菊五郎、中村時蔵
Photo By 提供写真

 歌舞伎俳優の尾上菊之助(42)が3日、東京・国立劇場で新春歌舞伎公演「通し狂言 菊一座令和仇討」(27日まで)の初日を迎え、鏡抜きを行った。

 昨年12月8日に新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」の公演中、転倒し左肘を亀裂骨折。この日は、あいさつの際に一度壇上から降り「申し訳ありませんでした」と頭を下げた。「途中からだいぶ回復しまして、千秋楽が終わって病院に行ったら、骨も無事にくっついていました。これからじっくりリハビリしていきます」と報告した。共演は尾上菊五郎(77)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年1月4日のニュース