あゆ、出産1カ月後のライブ、成功の陰に“万全の医療態勢”強調

[ 2020年1月4日 05:30 ]

浜崎あゆみ
Photo By スポニチ

 極秘出産していたことを2日未明に発表した歌手の浜崎あゆみ(41)が3日、自身のインスタグラムを更新し、出産1カ月後のコンサート成功の陰に万全の医療サポート態勢などがあったことを明かした。

 昨年大みそかに東京・国立代々木競技場第1体育館でカウントダウンライブを開催。「24時間態勢でサポートしてくださる病院の先生方、助産師さんたちがいてくださいました」と状況を説明し、感謝をつづっている。

 スポニチ本紙の取材では、男児を出産したのは昨年11月。その1カ月後だっただけに、ネット上などでは「超人的」などと指摘が上がっており「そんな環境だからこそ何とか実現できたステージであって、女性が産後すぐに動けるということの証明では決してありません」とした。

 現在、出産後の母体が回復するまでの「肉体的にも精神的にも難しい産褥(じょく)期を身をもって実感している」といい「日本中の妊婦さんたち、お母さんたちが休まる時間を十分に持てますようにと心から願っています」とも記した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年1月4日のニュース