坂上忍 右目手術の原因は過労だった…4年前から症状「無事に手術は済んだとおもうので…」

[ 2020年1月4日 19:28 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 右目の手術を受けたことを発表した俳優の坂上忍(52)が4日、自身のブログを再び更新。4年前から病気を患っており、過労が原因とみられることなどを明かした。

 「遡ること、4年前の暮れ。突然、右目の脇から脂肪がニョキニョキと出て来まして.....。慌てて眼科へ駈け込んだら、点眼で元に戻るはずですと.....。で、4年前は元に戻ったのですが.....。翌年の暮れも、出て来まして.....」と年末ごとに症状に見舞われていたことを明かし「お医者さん曰く.....過労だと。で、再び点眼をしたのですが.....。今度は、元に戻らず。で、1年待って元に戻らなかったら手術をしようと.....ね」と1年前から計画していた手術だったとした。

 年末年始の番組制作過程において、どうしても過労になりがちな売れっ子タレント。6月には53歳になることもあって「まぁ、簡単に言ってしまうと.....コレも過労の加齢なのかな。でも、無事に手術は済んだとおもうので.....。ただ、まだ眼帯は取れていないので.....不安なのよね」とつづった。

 坂上がMCを務めるフジテレビの生トークバラエティ「バイキング」(月~金曜、前11・55)は6日が新年最初の放送。それまでに眼帯は取れるのか。痛みなどについても触れていないが、坂上が生番組でどう語るか注目される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年1月4日のニュース