創価大OBのナイツ 箱根駅伝シード権獲得に興奮「鳥肌が立ちました」

[ 2020年1月4日 11:20 ]

お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(左)と土屋伸之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナイツ」が4日、TBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜朝9:00)で、第96回箱根駅伝で9位に入り、初めてシード権を獲得した創価大をOBとして祝福した。

 塙宣之(41)も土屋伸之(41)も経済学部卒。出身大の過去最高順位に「2日間とも本当に見ていて盛り上がりましたよ~」と興奮冷めやらぬ様子。塙は、榎木和貴監督の指導を紹介しながら「監督が練習方法を、何キロか走るのを増やしてね。『その効果が出た』と言っていました。どんどんこれから強くなるんじゃないですか」と後輩たちを祝福した。

 土屋は「ビックリしました!!1区でいきなり区間賞。トップで。ちょっと鳥肌が立ちました」と、1区を1時間1分13秒のトップで駆け抜けた米満怜(4年)を絶賛。相方が「ここぞばかりにOBって言っていこうかな」と胸を張ると、「言っていこう! めちゃくちゃ言っていこう、創価大OB」と同調した。

 これまでの箱根駅伝を振り返り、塙が「うちのマネジャーが(昨年王者の)東海大学なんですよ。去年までめちゃめちゃ偉そうにしていた」と周囲の様子を紹介。「チーフマネジャーは国士舘大学。だから盛り上がるんですよ、楽屋で。自分の母校を応援するからね。東洋大学の師匠が楽屋で凄いしょんぼりしていましたからね」と続けると、土屋も「6年、7年前とか凄かったからね、東洋大」と解説した。

 また、10区で区間新の嶋津雄大(2年)を称え、土屋は「島津君はシューズ、ナイキじゃなかったんだよね。それで区間新とった」と、今年目立った厚底シューズの影響はなかったことを強調。「10区が一番長い間記録を塗り替えられなかった」「13年間塗り替えられなかった区間新」と快挙を伝えると、塙も「あそこ、だって直線だからね、ほぼ。だから抜きづらいんだよ。歴代記録1位ってことでしょ。凄くない!?」と問いかけた。

 OBとして2人とも「うれしかったな。勇気をもらいました。おめでとうございます」と声をそろえた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年1月4日のニュース