千原ジュニア、長澤まさみとの“幻のキスシーン”「現場に行ったら…」

[ 2020年1月4日 13:46 ]

千原ジュニア
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の千原ジュニア(45)が2日放送の東海テレビ「千原ジュニアのヘベレケ新年会SP」(後11・40)に出演。女優・長澤まさみ(32)との“幻のキスシーン”について語った。

 ドラマ「新・ミナミの帝王」に主演するなど俳優活動も行っているジュニア。相席スタートの山崎ケイ(37)から「ドラマでのキスあります?」とキスシーンの経験を聞かれ、「実は何回もある。鈴木亜美ちゃんとか」と明かした。

 さらに「長澤まさみちゃんとのキスシーンの時は…」と切り出し、山崎ら出演者一同が驚きの声。しかし、ジュニアは「現場に行ったら、当日に台本を書き直されていた」とキスシーンが“消滅”したことを告白した。

 「ショック!」などの声が上がる中、番組アシスタントを務めるSKE48・須田亜香里(28)は「どのタイミングで知らされたんですか?」と質問。ジュニアは「フリスク(ミント菓子)食べ終わった後や!」と答えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年1月4日のニュース