巨人・松原 セ育成ドラフト出身初の2ケタ弾「初めて2ケタ(本塁打)打てたのは嬉しい」

[ 2021年9月17日 22:34 ]

セ・リーグ   巨人2―8ヤクルト ( 2021年9月17日    東京D )

<巨・ヤ18>9回無死、松原が右越えにソロを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人の松原聖弥外野手(26)が9回に10号ソロ。育成ドラフト出身ではセ・リーグ初の2ケタ本塁打に到達した。

 9回の第4打席。2ボールからヤクルト3番手・大下の内角直球を捉え右翼席上段へ。「ホームランは求めていませんが、初めて2ケタ(本塁打)打てたのは嬉しい。勝ちにつながるような一打が打てるようにこれからも頑張ります」とコメントした。大差をつけられた中で、明日へとつながる一発に原監督は「いいことですね。どういうゲームにおいても、集中力を切らさずに打つということはね」と評価した。

 パ・リーグで19年にソフトバンクの甲斐が達成して以来2人目で左打者では史上初。16年の育成ドラフト5位で入団し、昨年7月の初出場からブレークした育成の星がさらなる輝きを見せている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月17日のニュース