杉本正氏 終盤に続いた「紙一重のプレー」にソフトバンクの焦りが見て取れた

[ 2021年9月17日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1ー1ロッテ ( 2021年9月16日    ペイペイD )

<ソ・ロ>9回2死二塁、川島の左前打で本塁を狙った二走・釜元はアウト(捕手・田村)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 【杉本正 視点】優勝へ向かって突き進むロッテとBクラスで低迷するソフトバンク。結果は痛み分けに終わったが、両軍の勢いがはっきり表れた試合だった。象徴的だったのが終盤に続いた紙一重のプレーだ。

 7回2死一、三塁では三塁走者の甲斐が本塁憤死。捕手が投球をはじいたのを見て果敢に突っ込んだが、相手バッテリーの隙のない対処に阻まれた。9回にも2死二塁から川島の左前打で釜元が本塁憤死。次打者は2安打していた柳田で自重する選択もあった。波に乗れないチームの焦りが見て取れるプレーが続いた。

 先発・マルティネスがほぼ完璧な内容だっただけに、この引き分けは悔やまれる。ただ、モイネロが復帰し、守護神・森も上々の内容とプラス要素がないわけではない。気持ちを切り替えて、目の前の試合を勝っていくしかない。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月17日のニュース