三代目JSB・ELLYが巨人戦で人生初の始球式「人生の宝物」 三沢高時代は捕手で巨人・坂本と対戦

[ 2021年9月17日 19:08 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2021年9月17日    東京D )

<巨・ヤ18>始球式にELLYが登場
Photo By 代表撮影

 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのELLYが人生初の始球式を務めた。「緊張しましたが、人生の宝物となりました。青春時代を思い出しました。120点です。球場に来てテンションも上がりました」と力強い投球を見せた。

 三沢高時代は捕手で、光星学院(現八戸学院光星)で1学年下だった巨人・坂本と甲子園出場をかけて対戦。「リードは完璧だったんですけど、気合いからエラーを僕がして負けたので、これからダンスの方で守備力を上げていきたい」と笑わせた。

 投手経験もあり、最速は140キロを誇る。この日は球速表示はなかったが、自身の体感は約120キロ。初回に坂本の適時打で先制し「巨人を引っ張っていって日本一を目指してほしい。優勝するのを楽しみにしています」とエールを送った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月17日のニュース