亜大・木倉 ミート徹し2戦連続のV弾「内角の直球を思いっきり打てた」

[ 2021年9月17日 05:30 ]

東都大学野球第1週第2日   亜大6―5青学大 ( 2021年9月16日    神宮 )

<青学大・亜大>5回、亜大・木倉が勝ち越しソロ本塁打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 5―5で迎えた5回、亜大は3番・木倉の決勝の左越えソロで勝利をもぎ取った。

 初戦に続く2戦連続の決勝弾に「内角の直球を思いっきり打てた」と胸を張った。今春まで通算3本塁打だった4年生は、練習からバットを短く持ってミートに徹することで好結果につなげている。春も5打点と勝負強さを発揮した男は「次のカードへ切り替えて、練習したい」と同じく連勝中の駒大戦を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月17日のニュース