オリックスにまた激震!山岡が今季絶望 17日にも右肘クリーニング手術 6月22日、日本ハム戦で違和感

[ 2021年9月17日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3ー1楽天 ( 2021年9月16日    楽天生命パーク )

右肘のクリーニング手術で今季絶望となったオリックス山岡泰輔(撮影・奥調)

 オリックスの山岡泰輔投手(25)が17日にも右肘の手術を行うことが16日、分かった。クリーニング手術で、ポストシーズンを含め今季中の復帰は絶望的となった。

 山岡は今季、12試合に登板し3勝4敗、防御率3・89。6月22日の日本ハム戦で右肘の違和感を訴えて緊急降板し、翌23日に出場選手登録を外れた。その後はリリーフとしての1軍復帰を目指し、8月15日のウエスタン・リーグの阪神戦で実戦復帰。同24、25日の同戦で連投テストも行ったが、以降の登板はなかった。

 吉田正が「左ハムストリングスの筋損傷」で戦線離脱するなどシーズン終盤に来て故障禍に見舞われたチーム。25年ぶりのリーグ制覇に向け、また大きな戦力を失った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月17日のニュース