虎2軍 佐藤輝お目覚めマルチでマジック9点灯!!11打席ぶりHで逆転起点&二盗も決めた

[ 2021年9月17日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神2ー1ソフトバンク ( 2021年9月16日    甲子園 )

<ウエスタンリーグ 神・ソ>9回1死一、二塁、最後を三振併殺で締めてグラブタッチをかわす栄枝(左)と佐藤輝(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 2軍で再調整中の佐藤輝がソフトバンク戦で降格後初の複数安打を放ち、残り9試合での優勝マジック「9」点灯に貢献した。0―1の4回先頭で左腕・川原の148キロ直球を右前打。11日の広島戦以来、11打席ぶりの安打で逆転の起点になると、8回先頭では右腕・泉からも右前打。続く陽川の打席で二盗も決めた。

 「ここ2試合はヒットが出ていなかったので、まずは2本ヒットが出たことは良かった」

 15日は4打数無安打で3三振と苦しんだ。この日の試合前練習では東京帰りの井上ヘッドコーチから構えのトップの位置や足の上げ方について直接指導を受け、ひとまずは結果を出した。ただ、平田2軍監督が「もうちょっと打球の質が上がってくると、もっといい状態に戻ってくる」と話すように、まだ改善の余地がある。

 「上がるためにはやっぱり結果が必要だと思うので、結果を出すことはもちろん、自分のバッティングができるように頑張りたい」

 最短で、巨人戦の予備日である20日の復帰に向け、確実に上昇曲線を描く必要がある。(須田 麻祐子)

 《残り9戦でM9》阪神2軍はソフトバンク2軍との最終戦に勝って首位に浮上。優勝へのマジック9が点灯した。今後の直接対決はなく、ソフトバンクが残り9試合に全勝しても、阪神が残り9試合に全勝すれば優勝となるため。ただし、17日に阪神2軍が敗れ、ソフトバンク2軍が勝つとマジックは消滅し、ソフトバンク2軍にマジック8が点灯する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月17日のニュース